あめのちはれ
メンタルを整える

【心を楽にする考え方】自分を責めてしまう時・完璧主義にとらわれる時

心を楽にする

失敗やミスをしてしまった時に、必要以上に自分を責めてなかなか立ち直れなったり、常に「○○すべき」「○○しなければならない」という完璧主義的な価値観にとらわれて苦しく感じている人もいるかと思います。

自分もその一人でした。

そこから抜け出し、心を軽くするための考え方を、私の方法ではありますがご紹介したいと思います。

この記事で分かる事
  • 失敗やミスをしてしまった時の立ち直り方
  • 完璧主義的な価値観を置き換える方法
  • それでもなかなか変われない時のための言葉

【心を楽にする考え方】自分の失敗やミスを責めてしまう時

自責の念

『もしも、大切な人が失敗をしたら』と置き換えて考えてみる

自分に厳しい方は、自分が仕事で失敗やミスをしてしまった時、「自分はなんでこんなにダメなんだ」、など自分に対し批判的に感じ、自分をとことん責めてしまう人もいますよね。

自分を責めて、なかなか立ち直れない時は、

その失敗をしたのは自分ではなく『もしも、自分の大切な人だったら』あなたは何と言ってあげるかを考えてみて下さい。

おそらく自分の大切な人が相手であれば、「そんなに自分を責めないで、大丈夫だよ。失敗は誰にでもあるよ」などと優しい言葉をかけてあげるはず。

他人には優しくできるのに、なぜ自分にはそんなに厳しくなるのでしょうか?

自分の身体は自分のものであっても、それぞれの細胞によって成り立っています。

それぞれが自分達の働き・役割を全うする上で、私達は生きる事ができています。

脳も、心臓も、内臓も手も足も、文句も言わずに命令に従って働いてくれています。

それなのに、失敗した時だけひどく非難するのはどうでしょうか?

もし人であれば、非難され続けるとモチベーションが低下し、次から頑張りたくないですよね?

私達の身体の細胞は、日々よく耐えて頑張ってくれていると思いませんか?

自分を他人のように優しく扱う事は、自分を客観的に見る事でもあり、自分の失敗やミスをそこまで責める必要があるのか見えてくる事もあります。

自分を責めてどうしようもない時は、自分を大切な人に置き換えて考えると視野が広がり心が楽になる。

後悔するよりも反省に時間を使う

失敗やミスを責めたり、後悔する事よりもやった方が良い事は、『次、失敗しないためにはどうするか?』を考える事です。

失敗は誰にでもあります。

なので、ここで成長に繋げられるかどうかは、次からどう挽回していくか?を考えられるかどうかにも関わってきます。

後悔するよりも、反省し次に活かすために時間を使う方が自分の未来のためにもなります。

もしかしたら元々自分一人では難しかったのかもしれません。早くから誰かに相談する必要があったかもしれません。

一度落ち着いて冷静になり、視野を広く問題解決をしていくと、くよくよと悩む時間が少なくなります。

ずっと後悔してしまう時は、反省に切り替えて次どうすればいいかを考えると次に繋がる。

※ちなみに、リラックスして思考の抽象度を上げる(より俯瞰する)には腹式呼吸が簡単な方法です。

イルカ
心身だけでなく「本当のリラックス」で思考の抽象度も上がる本当の『リラックス』した状態をご存知ですか?リラックスすると、心・身体だけでなく、思考の抽象度を上げる効果も期待できます。本当のリラックスの状態やリラックスする事で得られる様々なメリットについてご紹介しています。...
腹式呼吸
腹式呼吸を意識してリラックスしよう!腹式呼吸には副交感神経を活性化しリラックスさせる効果があり深呼吸とは少し違います。腹式呼吸のやり方やなぜ副交感神経が活性化されるのか、そのメカニズムなどを知って、日常生活の場面で上手く呼吸を活用して心身を整えていきましょう。...

【心を楽にする考え方】完璧主義の「○○すべき」「○○しなければならない」にとらわれてしまう時

完璧主義

『人はそれぞれ常識が違う』事を理解する

「○○すべき」「○○しなければならない」という完璧主義的な考え方があると、とても苦しくなります。

なぜなら、少しでも違うと受け入れられないからです。

これは自分に対しても厳しい言葉ですが、相手に対しても「○○すべき」「○○しなければならない」という考えがあると、衝突しやすく、相手に対し怒りを感じやすいです。

日常生活で、とてもストレスがたまりやすくなります。

この言葉を回避するために、まずは、『人はそれぞれ常識が違う』という事を頭に入れておく事が必要です。

もちろん世間一般的な常識はあるかもしれませんが、性別や年齢、生まれなどが違えばその常識は変わってきます。

男性と女性では脳の仕組みが違うと言われており、そのため考え方が違い、よく夫婦でも方向性・価値観の違いが現れます。

年齢でも、若者の間で流行っている物とお年寄りの間で流行っている物は違います。

また、同じ日本でも生まれた土地が違うと、その郷土によって好みの味も風習も違います。

さらに、人はそれぞれ違う環境で育ってきており、それぞれが違う価値観を持って生きています。

自分の『すべきの価値観』自分の育ったきた環境で作られたものであり、他人とはまた別の価値観であると理解をしておきましょう。

完璧主義的な考え方にとらわれる時は、人はそれぞれ常識が違う事を思い出す。

義務感から制限を緩める

そこで、「○○すべき」「○○しなければならない」をさらに柔らかく、「○○した方がいいのでは?」「○○したいから、してみようかな」という風に置き換えるようにすると義務感が減り、氣持ちが楽になります。

他人から指示されるより、自分でやろうと思った方が意欲が出る心理と同じです。

制限を緩めると自分自身に対してや、自分と相手との関係も良い方向に変わってきます。

自分の完璧主義的な思考に氣付き、少し制限を緩める、これだけで心が大分楽になると思います。

義務的な言葉は、制限を緩めて使う。

「○○すべき」「○○しなければならない」の価値観を変える具体的な方法

自分の完璧主義にも氣付き、言葉を変えようと思った時に、どうしても考え方の癖が出てしまう、言い方の変え方が分からない、という事もあると思います。

大体、「○○すべき」や「○○しなければならない」という言葉は、その後に否定的な言葉が続く事が多いです。

  • 「男は強くあるべき」⇒そうでなければ⇒「頼りないと思われて嫌われてしまう」
  • 「勉強しなければならない」⇒そうしなければ⇒「大学に落ちてしまう」

というように否定的な言葉に繋がってしまいます。

それは他人の価値観であり、他人からの評価を氣にしてマイナス思考になってしまいます。

そこで、続く言葉を『そうすればどうなるの?』と考えます。

  • 「男は強くあるべき」⇒強くあればどうなるの?⇒「頼りがいがあると、モテるかもね♪」⇒「筋トレしよう!」
  • 「勉強しなければならない」⇒勉強すればどうなるの?⇒「大学に合格できる♪」⇒「だから勉強しよう!」

というようにプラスの思考になり、自分からやりたい、という意欲が出てきます。

少し言葉を言い換えるだけですが、氣持ちは全く変わってきますので、ぜひやってみて下さい。

○○すべき、の後に「すればどうなるの?」と肯定的な疑問を投げかけるとプラス思考になる。

それでも上手くいかない時、自分や相手を許す言葉「良いんだよ」を使う

良いんだよ

人には、頭では分かっているいるけれどやめられない。という状態があります。

そのような時に、そんな自分に「なんでできないんだ」と思わずに、「良いんだよ」と許して、そんな自分も一度受け入れてあげて下さい。

「良いよ」というと単なる甘えになってしまう事がありますが、『良いんだよ』笑顔つきで、そんな自分(相手)でも良いんだよ、と認めてあげる言葉を使うと心が楽になります。

自分を責めてどうしようもない時、どこか目につく所、例えば手のひらなどに書いて、いつでも見られる状況にして必要な時に見て下さい。

自分や相手を許すという行為は、意外とスッと心を楽にしてくれます。

自分や相手を許したい時「良いんだよ」と言う。

心を楽にする考え方のまとめ

自分の失敗やミスを責めてしまう時
  • 自分を大切な人に置き換えて考えてみる
  • どうすれば防げるか?と次を考える
完璧主義的な考え方にとらわれる時
  • 人はそれぞれ違う常識を持っている事を思い出す
  • 制限を緩めた考え方をする
  • ○○すればどうなるか?と肯定的な続きを考える
自分をなかなか変えられない時
  • 「良いんだよ」という言葉を使う
  • 自分や相手を許す・受け入れる言葉

考え方は習慣になっていますが、意識して変えていけるものでもあります。

自分が同じネガティブな考え方で悩んでいるなと氣づいたら、少し視点を変えて考えてみてはいかがでしょうか?

ブログランキング
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク