あめのちはれ
メンタルを整える

夢を叶えるための具体的な目標設定の作り方!

夢を叶える

誰しも「将来こうなりたい」「あの人みたいになりたい」という将来に対する夢は持っていると思います。(ビジネスプランでも同様に。)

そこで、その夢が叶う人と、叶わない人の違いは何でしょうか?

夢をしっかりと具体的な目標に起こしていますか?

夢を叶えるための努力をする時にやる氣が継続しなければなかなか夢は叶いません。

この記事では、

夢を叶えるためにやる氣が継続する具体的な目標設定・スケジュールの作り方についてご紹介します。

夢を叶えるための目標の立て方

目標の立て方

目標を立てる時に注意する事

夢があっても口だけであったり、想像だけで終わってしまい行動に移さないと何も始まりません

そもそも理想が高過ぎたり、現実とのギャップがあり過ぎるとやる氣がなくなってしまい努力も続きません。

夢を叶えるために必要な事は、しっかりと具体的な目標を設定し、計画を立てる事です。

ただ目標を設定しても、漠然としていれば途中で挫折し、また同じ事の繰り返しになってしまいます。

実現可能達成感も感じられる目標設定計画スケジュールモチベーションを維持し、願望を実現させられます。

何も制限せず、「心のままに自分の将来の夢」を考える

まず目標設定の考え方としては、老後60代、70代にどうなっていたいか?から逆算をしていきます。

(もしそんな老後の事までは想像できない、という場合は、もう少し短い期間で考えます)

60代、70代での隠居生活のために、50代ではセミリタイアする。

では、40代、30代ではどうなっている必要があるか?という風に長期的な目標があればそれぞれの短期目標が見えてきます。

始めは願望なので、「絶対に無理だろう」という思考はまず捨てて、思いっきり自由にワクワクするような夢を考えてみましょう!

老後から考えると、少し長すぎる、、、という場合、10年後、5年後、3年後、と短い期間で考えていきます。

こちらの短い期間でも、願望なので自由に好きな夢を思い描いてみましょう。

夢を考える時、一緒に考える内容
  1. ○年後、○歳の時は何を実現しているのか?
  2. どんな自分になっているのか?
  3. どこで(場所)、誰と一緒に、何をしているのか?
  4. その時、どのくらい資産を持っているのか?

というように、この時にできるだけ詳しく具体的に書き出す事がコツです。

老後の夢を思い描く時、

自分が年老いたおばあさんになったら、おじいさんと一緒に縁側でのんびりお茶を飲んで暮らすような生活がしたい。

という夢では、理想として想像するのは楽しいかもしれませんが、いつ何をすればそのような理想の将来が手に入るか短期目標が作りにくいですよね?

健康な70歳で、両親の故郷山形県の○○市、時給自足しながら庭付き一軒家に住む。愛する夫○歳と猫一匹と犬一匹と暮らし、縁側でみんなで一緒にお茶を飲んだり、趣味のガーデニングをして暮らす生活。資産としては山や家、不動産の収入で暮らしている、、、

という具体的な夢があれば、今住んでいる所が東京であれば、いずれ住みたい山形県の物件事情を調べたり、不動産収入で暮らしていけるようになるには?を考えていく必要があります。

そうすると、何歳までにはこれをして、あれをして、そもそも結婚していなければ婚活もして、と何をするか具体的に見えてきます。

今度は、現在30歳で5年後の夢を描いたとします。

5年後までにはお金持ちの男性と結婚して、ハワイで挙式を挙げる。東京都心のマンションに住む。やりがいのある仕事に就く。

というざっくりとした夢よりも、

35歳までには結婚して子供が1人、自分の仕事も続けながら、(年収は○○万)、夫も年収○○万位のまじめな公務員、身長も高く優しくて子供好き。住まいは、東京都○○区のタワーマンション35階に住む。仕事と育児と趣味のフラワーアレンジメントをしながら、時々海外旅行にも行く生活を送る。

などと、具体的にすればするほど、まず理想の恋人としてどのような人を探すのか(どこへ行けば出会えるのか)、自分の仕事は今やっている事が育児をしながら続けられるものか、資格やスキルを増やして転職も考えるべきか、東京の物件事情から、家族で生活するためにどのくらいの収入が必要になるのか、など今後の具体的な課題が想像しやすくなります。

ただ、課題は後から考えるので、今は自分がワクワクするような楽しい夢を想像して下さい。

次に、「なぜその夢を叶えたいと思ったのか?」を考える。

夢を叶えたい

この目標設定で重要なポイントが、『なぜその夢を思い描き、実現したいと思ったのか?』を掘り下げて考える事です。

この夢は、あなたが今までの人生で体験してきた事を通してそのような願望が出てきています。

一度、じっくりと人生を振り返り、あなたが、自分の人生で一体何をしたいのか?何を求めているのか?何を大切にしているのか?をしっかりと見つめ直してみて下さい。

例えば、「専業主婦になりたい!」という夢がある時、あなたは将来夫の収入だけで、楽に生活がしたいのか?自分のしたくない仕事をやりたくないだけなのか、育児や家事のみに集中したいという欲求があるのか?

実際に仕事をせず、家事と育児だけで十分幸せと感じる方と、もっと社会と繋がりたいと感じる方がいます。

自分は今の仕事が嫌で、仕事を辞めたいと思っているなら、本質は自分がやりがいを感じる仕事に就きたい、もっと別の事に挑戦したいという願望があるのかもしれません。

または、現在頑張りすぎている自分に、経済的な不安がなく少し休息する時間が必要と思っているのかもしれません。

掘り下げていく過程で、あなたの本当の願望や大切にしている事が分かってきます。

そうすると、今作っている目標設定はそのままで良いのか?修正していく必要があるのか?さらに具体的な目標が出てきませんか?

専業主婦になりたいのは、現在の仕事をずっと続ける事に不安があり、本当にやりたい事ではないからかも?

結婚より本当にやりたい仕事を探す方が大事なのかも?

など、自分の本心に向き合ってみて下さい。

「○年後に夢を叶えるために必要な課題」を考える

ノートに書き出す

夢や理想を考えた後、現在の自分と比べて今後どのようなものが必要なのか、課題などを書き出していきます。

具体的にすればするほど、必要な物が見えてきます。

技能、お金、人脈、環境など、計画的に何をどう積み上げていくかが見えてきます。

その間の3年後、2年後どうなっていると良いのかを逆算して考えていき、そして1年後の理想の状態できるだけ具体的に書き出します。

そうすると、細かく1年間の計画を立てられるようになります。

分かりやすくするために、この1年間をどうしたいか1年間のテーマを決めます。(長期目標

さらに1年の長期目標を達成するために、中期目標、短期目標と低い目標を設定していきます。

中期・短期目標では、より具体的な行動や数値で書いていきます(期限なども決める)

長期目標(1年間のテーマ):素敵な恋人を作り結婚式の準備をする。

中期目標①:恋人を作る。(10ヵ月位)

    ②:お互いの家族に紹介する。(11ヶ月目)

    ③:二人で理想の結婚式の準備をする。(12ヶ月目)

中期目標①を達成するために

短期目標1:時間を作り出会いの場に出かける。(毎週末、半年位かけて)

    2:連絡先交換できるように仲良くなる。(半年位かけて)

    3:時間を作りデートをする。(休日できるだけ)

これは一例ですが、目標を達成するために、まずは時間を作って出会いの機会を作る事や、連絡先を交換できるように相手と仲良くなるためにどうするれば良いのか?などが課題として見えています。

目標をさらに細かく設定していく事で、いつまでに何をすれば良いのかという課題も見やすく、小さい目標の方が達成感も得られやすいためやる氣が継続しやすくなります。

【目標設定】年間・月間のスケジュールを立てる

長期・中期・短期の目標を意識しながら、年間や月間のスケジュールを立てていきます。

カレンダースケジュール帳などの表を利用すると分かりやすいと思います。

それぞれの項目を月間、年間のスケジュールに入れていく事と日々の雑用元々決まっている予定なども入れていくと夢を叶えるための目標も加わったスケジュールができてきます。

決まった予定があれば、その日程を避けて、いつまでにこの目標を達成するための時間を作るかが見やすくなります。

月末に会社でプレゼンがあり、資料製作を平日続けなければならないと分かっていると、休日を有効利用する事が必要です。

もし、休日は出会いの場に友人と行くなら、早めに友人の予定の確保や、どこに行くのか、など具体的な予定を早くから立てる事ができます。

平日の残業も控えめに、しっかりとお肌や体調を整える事も必要となると、毎日の生活習慣への意識も変わります。

月間スケジュールまで出来上がったら、最終的に誰かにプレゼンできる位に自分に落とし込むと、より目標を達成したいという意欲が沸きます

そして、読み返してワクワクするような楽しいプランである事が大事です。

日々のスケジュールのヒント

毎日きちんとスケジュールを立てると、効率的に時間を使う事ができ、ビジネスをされている方にはPDCAサイクルというものを利用している方もいるかもしれません。

日々のスケジュールを立てるヒントとして、「一日のうちでやることの優先順位をつける」また、「やらない事を決める」という事があります。

優先順位の付け方は、緊急でやる事、重要度、などから、何をやって・何をやらないかを決めていきます。

重要度では、自分の将来のためになることを目安に考えます。

また、やる事ややりたい事を1日単位で見るより、1か月単位で見る方が、出来なかったという落ち込みがなくなります

スケジュールには余裕を持って予備日なども用意したり、急な変更にも対応できるようにしておくと良いですよ。

日々、今やっている事が、1か月後、1年後の夢や理想のためにやっていると意識できるとやる氣が持続し、夢を叶えられる行動を取ることができると思いますよ。

『夢を叶えるための具体的な目標設定の作り方!』のまとめ

夢や理想を叶えるためには、具体的な目標設定を考えて計画を立てると行動に移しやすく夢も実現しやすくなります。

夢を考える時のポイント
  • 「こんなのは無理だ」と思わずに、自分のワクワクする自由な氣持ちで考える事。
  • 「なぜ、その夢を叶えたいと思ったのか」自分の人生や本心を見つめ直す。

ポイントを押さえ、そこから具体的に、いつまでに何をする、という課題を数値などで見やすく整理する事で、実行に移しやすい形になり、自分が今は何をすべきかが分かってきます。

ビジネスにおいても同様の考え方です。さらにPDCAサイクルなどを利用して毎日を計画的に過ごしていきます。

もし、自分の大きな夢・叶えたい夢があるならば、その夢の実現に向けて、計画を立ててみてはいかがでしょうか?

ブログランキング
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク