心と体を整える

友達の作り方や声のかけ方は?人見知りでも友達ができるコツとは?

友達の作り方や声のかけ方は?人見知りでも友達ができるコツとは?

新学期や新年度、新しい環境では人見知りの人は友達の作り方や声のかけ方に困る場合もありますよね?

学生から大人まで人見知りでもできる「友達の作り方や声のかけ方のコツ」をまとめてみましたので、これから新しい環境で友達を作りたいと思っている人は参考にしてみてくださいね。

友達の作り方や声のかけ方で大切なコツ3つ!

友達の作り方や声のかけ方で大切なコツ3つ

まず始めに、友達の作り方や声のかけ方で大切な3つのコツをご紹介します。

友達の作り方や声のかけ方で大切なコツ3つ
  1. 「自分から声をかける!」という勇気を持つ
  2. 自分と同じ雰囲気の人を探す
  3. 共通の話題を探す

では、この友達の作り方や声のかけ方で大切なコツを1つづつ解説していきますね。

友達の作り方や声のかけ方のコツ①勇気をもって自分から声をかける

友達の作り方や声のかけ方で大切なコツ1つ目は、「自分から声をかけるぞ!」という少しの勇気を持つことです。

やはりいつも受け身で待っていては何も始まりませんよね。

大体同じように受け身になってしまう人も多いので、そんな時こそチャンスと思って、先に自分から笑顔で声をかけていきましょう!

とっさに声をかけるよりも、あらかじめ心つもりをして準備をしておく方が自然に声をかけらますよ。

ではどんな人に自分から声をかけていけばいいのでしょうか?

友達の作り方や声のかけ方のコツ②自分と同じ雰囲気の人を探す

友達の作り方や声のかけ方で大切なコツ2つ目は、自分と同じ雰囲気を持つ人を探して、声をかけることです。

みんなに人気だからとって、自分とキャラが全然違う人に声をかけるのはハードルが高いですよね?

できれば自分と同じような雰囲気で、興味や関心が同じような人がいないか探してみましょう。

相手の髪型や洋服などの外見や、持ち物などから好きなものが大体わかりますよね?

たちばな

たとえば、相手の持ち物に対して「これカワイイですね♪どこで買ったんですか?」

なんてさらりと声をかけると、相手も自分の持ち物を褒められて喜んで教えてくれますよ!

そんな感じで友達になりたいような声のかけやすい、自分と同じ雰囲気の人を見つけてみましょう!

では、その後はどんな声をかけるか?ですよね。

友達の作り方や声のかけ方のコツ③共通の話題を探す

友達の作り方や声のかけ方で大切なコツ3つ目は、相手との共通の話題を探すことです。

同じ雰囲気であれば共通することも多いかもしれませんよね。

そして、たとえ自分の性格と違う相手であっても、共通の話題は盛り上がります!

【共通の話題の例】

趣味(好きなタレントやドラマ、映画、スポーツ、食べ物、ハマっているものなら何でも・・・)

出身地(年齢や年代によってその地元で何があったなど、同郷のタレントについてなど・・・)

共通の目標(資格・セミナーなどで出会った場合は目標が重なりやすい・・・)

まず、自分と同じ雰囲気を持っていて、自分が声をかけやすい人を探しましたよね。

そして、自分と共通することはないか?と質問や自己開示をしながら共通の話題を探していくとすぐに打ち解けられると思いますよ。

では、人見知りでなかなか自分から勇気をもって声をかけられないという場合はどうすればいいのでしょうか?

次は、人見知りでもできる「友達の作り方や声のかけ方のコツ」を解説していきすね。

人見知りでもできる友達の作り方や声のかけ方の2つコツ

人見知りでもできる友達の作り方や声のかけ方の2つコツ

友達の作り方や声のかけ方のコツとしては、自分から声をかけること、同じ雰囲気の人を探すこと、共通の話題を見つけることが大切でした。

では、自分が内向型で人見知りの場合、どのように友達を作るために声をかけていけばいいのでしょうか?

人見知りでもできる友達の作り方や声のかけ方2つのコツ
  1. 相手も自分と同じと知る
  2. 共通の話題ができる人が集まる場所に行く

今度は人見知りでもできる友達の作り方や声のかけ方を1つづつ解説していきます。

人見知りでもできる、友達の作り方や声のかけ方のコツ①相手も自分と同じと知る

人見知りでもできる友達の作り方や声のかけ方のコツの1つ目は、相手も自分と同じように自分から声をかけにくいタイプだと知ることです。

人見知りの人は、同じような人を探す時、相手もグループから外れて一人でいるような、おとなしそうな人に興味を持つ場合が多いと思います。

自分と同じように人見知りで声をかけられないので、そんな相手に声をかけてもらうことを待っていても友達関係は始まりませんよね?

なので、同じように人見知りをしてそうな相手に対しては、相手も人見知りをしているということを踏まえ、こちらから挨拶でも、質問でもいいので先に声をかける、ということが大切です。

分かりきっててわざとらしいと感じるような質問でも、人見知り同士では貴重な会話のきっかけになります!

相手も声をかけてくれるのを待っているので、その後の会話に続きやすいですよ。

たちばな

「この近くってコンビニありましったけ~?」など簡単な質問からでも会話のきっかけになります!

それでもなかなか声をかけられる人がいないよ、という場合はどうすればいいのでしょうか?

人見知りでもできる、友達の作り方や声のかけ方のコツ②共通の話題ができる人が集まる場所に行く

人見知りでもできる、友達の作り方や声のかけ方のコツ2つ目として、友達作りで大切な共通の話題を見つけるために共通の話題ができる人が集まる場所に行くということも重要です。

誰かに自分から声をかけ、質問などして共通の話題を掘り下げることに対し、ハードルが高いなら、共通の話題ができる人が集まっている場所を探して飛び込むことも一つです。

たとえ人見知りであれ、みんなが自分と同じ好きなものの話をしていたら自然と笑顔になりますよね。

話に入れなかったとしても、みんなの話を積極的に聞く姿勢から自然と誰かが声をかけてくれて友達関係になれますよ。

声をかけやすい人を探すことと同じように、場所を探すということも大切だということも覚えておいてくださいね。

たちばな

社会人になってから友達を作りたい時、「習い事や同じ趣味の人や同じ気質の人が集まるサークルに参加する」ということも有効ですよね。

相手も人見知りしてそうと分かっても、共通の話題で盛り上がる人達の場所を知ったとしても、人見知りからまだ自分では声をかけられない場合、どうすればいいのでしょうか?

最後は、友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時はどうすればいいのか解説していきますね。

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時はどうする?

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時はどうする?

相手が人見知りとわかっても、共通の話題で盛り上がる人達の場所を知ったとしても、なかなか人見知りが直らず、自分から声をかけられない場合、どうすればいいのでしょうか?

そんな人見知りさんのために、4つのアドバイスをご紹介しますね。

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時
  1. 声をかけやすい雰囲気を作る
  2. オンライン上で友達を作る
  3. コミュニケーションに慣れるための経験を積む
  4. 一人の時間を大切にする

それでは、友達の作り方や声のかけ方を知っても、まだ人見知りで自分から勇気を持って話かけられない時、どうすればいいのでしょうか?1つづつ解説していきますね。

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時①声をかけやすい雰囲気を作る

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時は、相手から声をかけてもらえるように、声をかけやすい雰囲気を作っておくことが大切です。

この時、自分の人見知りに負けて、ずっとうつむいていたり、スマホなどかまって周りに興味がなさそうにしてしまったら、誰も声をかけてくれません

これは自分に置き換えて考えると分かりやすいと思いますが、せっかく声をかけようとしても、相手がこっちにまったく興味がなかったり、笑顔もなければ声はかけにくいですよね?

恥ずかしくても、人を寄せ付けない態度では、声をかけてもらえないので注意!

自分から声をかけるのがどうしても苦手であれば、せめて、相手が声をかけやすいように笑顔でいることや、周りの人に興味を示しておくことをおすすめします。

ちょっと勇気を出して声をかけようというタイプの人がいれば、きっとそのように自然に待っているあなたに声をかけてくれますよ。

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時②オンライン上で友達を作る

また、友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時は、オンライン上で友達を作るという手もあります。

直接会って会話するだけが友達ではないので、SNSやメールなどで同じ趣味・関心ごとのある人たちと知り合って友達になるということもできます。

SNSを使う上では、注意点もあり、実際に合う前にはしっかりとやり取りをして信頼できる人なのか確認する方が良いと思いますが、人見知りの人には結構気楽で簡単な方法でもありますよね。

オンラインは、顔の見えない相手であるという点で注意は必要!

SNSで知り合う場合は、1対1よりもサークル・オフ会など複数人で交流する方が安全かもしれませんね。

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時③コミュニケーションに慣れるのも大事

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時、コミュニケーションには慣れも必要です。

人見知りであっても何度か会ううちに親しくなり、素の自分を出して仲良くなれる人も多いですよね?

「初めての人と会話をする」という経験を積むことも人見知りの人が友達を作る上では大事なことになります。

コミュニケーション教室などで初めて会う人との会話の練習をしたり、本などで初回の会話でどんな話をすればいいのかと予習をして慣れていくことも今後に多いに役立ちますよ。

コミュニケーションについては自己肯定感とも深くかかわりもあります。

オンラインで学べるコミュニケーション検定講座で自分の自己肯定感を高めたり、どうすれば相手と上手くコミュニケーションができるのか学ぶこともできますよ。

人間関係がうまくいく!伝え方コミュニケーション検定

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時④一人の時間を大切にする

友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らず友達作りができなかった時一人の時間も大切にしてください。

人見知りの自分を無理に変えてまで友達を作る必要があるのか?しっかりと自分の本心に聞いてください。

本当に友達が必要なんでしょうか?

本当は一人の時間を大事にしたいという想いの方が強いのではありませんか?

世間的に友達がいないのが恥ずかしいとか、周りがグループになっていて、自分だけが孤立している、という状態から友達を作らなければと焦っているだけなら、本来の自分はどうなんでしょうか?

もちろん友達がいると楽しいことも多いです。

でも、友達がいなくて、一人で生きていても楽しいことはたくさんあります。

家族やその他にも自分と関わる人が必ずいて、人だけでなく自然や動物も周りにはいるんですよ。

無理に自分の考えと合わない友達と一緒にいても幸せにはなれませんよね。

自然体の自分を大事にしてくれる人と出会ったら友達になりましょう。

自分の好きなことを堂々と、自然にしていれば人は必ず寄ってきますよ

友達の作り方や声のかけ方は?人見知りでも友達ができるコツとは?まとめ

この記事では、人見知りでもできる友達の作り方や声のかけ方をまとめてみました。

まず、友達の作り方や声のかけ方で大切なコツ3つとして

①自分から声をかける!という勇気を持つ

②自分と同じ雰囲気の人を探す

③共通の話題を探す

ということを挙げました。

そして、人見知りでもできる友達の作り方や声のかけ方の2つとして

①相手も自分と同じと知る

②共通の話題ができる人が集まる場所に行く

ということが大切でしたね。

さらに、友達の作り方や声のかけ方を知っても人見知りが直らない時は

①声をかけやすい雰囲気を作る

②オンライン上で友達を作る

③コミュニケーションに慣れるための経験を積む

④一人の時間を大切にする

ということをご紹介しました。

このような友達の作り方や声のかけ方を参考に、人見知りの人でも勇気をもって友達を作りに挑戦してみてくださいね。

コミュニケーションに関する参考記事

伝え方コミュニケーション検定講座の初級を受けて感じたメリット・デメリットのまとめです。コミュニケーション講座に興味のある方は参考にしてください。
伝え方コミュニケーション検定講座とは?初級を受けて感じたメリット・デメリット

伝え方コミュニケーション検定の初級・中級講座ではさらに性格分析シートなどの特典も付きます。詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。
伝え方コミュニケーション検定の初級中級セットの内容は?人を育てる人に役に立つ!

error: このコンテンツのコピーは禁止されています