釣り初心者に役立つ

フェイスカバーで日焼けを予防!100均の優秀な商品ご紹介!

100均のフェイスカバー紹介します

元々肌を焼かない主義だったのですが、登山や海釣りに行くようになり、1日中太陽の下で過ごすようになりました。

アウトドアでは、日焼け止めとサングラスや帽子はもちろんですが、フェイスカバーなど顔を覆うものがあればさらなる日焼け予防ができます!

オシャレな登山用のフェイスカバーを使用した際、動くと顔からずり落ち、顔の日焼けはするし、意外と暑い・・・と、高かった割に使えない残念な経験をしました。

アウトドア専門の商品でも、実際自分の顔のサイズに合ってないと使えないですよね。

そんな時、100均で売っているフェイスカバーが意外と優秀で便利な上にしっかりと日焼け予防に使える事が分かりました!

私が試した登山用のフェイスカバーや100均商品の優秀なフェイスカバーの使用感やメリット・デメリット、フェイスカバーを選ぶ際のポイントをご紹介したいと思います。

※2022年ダイソーで販売されていたフェイスカバーも追記しています。

フェイスカバーは必要?顔も日焼け対策が必要な理由

日焼け対策が必要な理由

先に、なぜ日焼け予防として、フェイスカバーまで必要なのか?を簡単に解説しておきますね。

フェイスカバーで日焼け対策は必要?日焼けをするとどうなるか

日常生活でも日焼け予防をされている方は多いと思いますが、なぜ日焼け予防が必要なのでしょうか?

簡単に説明すると、太陽光の中には、人体に影響する光線があり、その光線で日焼けをする事で、肌の老化の加速(深いシミやしわができる)、皮膚ガンなど様々な影響を及ぼします。

肌の老化の原因や皮膚ガンの主な原因は、太陽光に当たることと言われている

その他、太陽光は、熱中症や熱射病、日光過敏症、日光アレルギーや眼の病気などのリスクもあります。

こうした問題を引き起こさないために、肌を紫外線から守る事が日頃から大切であり、特に、アウトドアでの長時間の顔への日焼けも避けた方が良いとされています。

基本的な顔の日焼け対策

女性の場合は、普段から化粧をされるため化粧をする前提での基本的な顔の日焼け対策についてご紹介しますね。

顔の日焼け対策

日焼け止めクリームを塗る ➡ 化粧下地 ➡ ファンデーション ➡(おしろいやパウダーなど)

の順に塗っていく

私は敏感肌、ニキビの出来やすい肌なので、化粧品自体はUVカット効果が低いのですが、日焼け止めクリームは自分の肌に合ったSPF50+(紫外線のブロック効果が非常に高い)ものを使用しています。

日焼け止めクリームは汗などで流れやすく2時間程度で塗り直しが必要と言われています。

アウトドアなど屋外で活動する際には、さらにサングラスと帽子で目や髪の毛を紫外線から守ります。

ここで、布があるとさらに焼けにくいため私はフェイスカバーやマスクなどを使用していますよ。

また、屋外でのアクティビティの際、汗で日焼け止めが流れやすく、何度も塗り直す事も手間がかかりますよね。

そのため、フェイスカバーがあれば男女とも手軽に日焼け予防ができます!

サングラス焼けに注意!

男性は普段から化粧品や日焼け止めクリームを使用しない方が多いです。

しかし、長時間の日焼けでサングラス以外の顔が焼けてしまう逆パンダの恥ずかしい状態になるので注意が必要ですよね。

サングラス焼け
(サングラス焼けの例)

逆パンダ状態にならないためにも男性もフェイスカバーはおすすめですよ。

「フェイスカバーによる顔の日焼け対策も必要だ」と分かったところで、次は、実際に私がアウトドア専門店のフェイスカバーや100均のフェイスカバーを使用して感じたメリットやデメリットをご紹介していきますね。

フェイスカバーの紹介(専門店の商品から100均商品)

登山や釣で実際に使ってみたザ・ノース・フェイスのフェイスカバーから、100均商品のダイソーセリアのフェイスカバーについて、メリット・デメリットをご紹介しますね。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のDIPSEA COVER-IT

ザ・ノースフェイスのマスク

ザ・ノース・フェイスはアウトドアが好き!という方以外にも知られている人気のアウトドアブランドですよね。

オシャレなデザインで機能性も兼ね備えたカッコイイ商品が多いのですが、値段がそれなりに高いのが難点です。

ザ・ノース・フェイスのフェイスカバーは顔だけでなく、頭に巻いたり、帽子にしたり腕に巻いたりできる、いわゆる筒状タイプです。

この筒状タイプが曲者で、私のようにメガネがすぐにずり落ちるような鼻が高くないタイプでは引っかかる所がなく、動いているとずり落ちてきてしまいます

また鼻の高さだけでなく、フリーサイズのため、顔の小さい女性には、やはり「ずり落ちやすいのでは?」と感じますね。

装着時や静止時はぴったりとしていますが、首を動かしているとすぐにずり落ちてきますので手が離せない時などは顔は日光にさらされています。

そして、真夏に使用すると、風の逃げ場がなく、二重になるため首回りは意外と暑いんですよね。

筒状なので女性は髪型にもよって装着のしづらさがあると思いますよ。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のDIPSEA COVER-IT
メリット
・フェイスカバー以外の用途がある
・オシャレな見た目
向いている人
・鼻の高い方や男性は意外とフィットしたまま使えるかもしれません
・オシャレでもあるので日焼けしたくない男性に向いている印象
デメリット
・筒状なので鼻に引っかからない場合や小顔の方には動くとすぐにずり落ちてしまう
・他のフェイスカバーに比べて露出部分が多い
・風の通り道がないため暑い日に使うと暑い

セリア(100均) 日よけマスク

セリアの日よけマスク

セリアのフェイスカバー耳にかけるマスクタイプなのでずり落ちる心配がありません!

デメリットとしては、100均商品なので色のバリエーションが少ないのと、主観的ですがややオシャレ感に欠けるかと感じますね。

ただ、通販サイトでは同じような形状で探すと色や柄にバリエーションもありオシャレな物も売っているようです。

メリットとしては、セリアのフェイスカバーはずり落ちの心配はなく、サングラスと合わせると露出も限りなく少なく日焼け対策には最適です!

さらに口元が開くので、涼しさと水分補給や軽い食事もマスクをつけたままできるという、アウトドアの際は、とても便利な形状になっていますよ!

気になる点としては、100均の商品のため、布は薄く、UVカット率などは明記されていません。

日焼け予防として使用するには、上述した基本的な日焼け対策を取った上でのご使用をおすすめしますよ。

セリア(100均) 日よけマスク
メリット
・使用中、ずり落ちる心配がない
・風の通りがあり、そこまで暑くない
・飲み物などがフェイスカバーをしたまま飲める
・帽子を取らずにつけ外しが可能で楽
向いている人
・マスクをしたまま飲めるので食事中も顔を絶対焼きたくない方向け
・簡単にフェイスカバーをつけ外ししたい方向け
デメリット
・100均の商品だと、見た目がややオシャレではない
・口元が開けられるが、顎の部分のゴムが気になる
・時々布が口に入る時がある
・耳にかけるのが嫌な人には向いていない
・後ろは布がないので、首の後ろの日焼けに注意が必要
・UVカット率は明記されていないため、マスクだけではUVカット効果としては不安な点が残る

ダイソー(100均) スポーツフェイスネックカバー

ダイソーのスポーツフェイスネックカバー

ダイソーのフェイスカバーは、耳にかける穴がついている筒状の物で、こちらもずり落ちることなく使用できますよ!

ずり落ちにくく、首の後ろもカバーした状態ですが、布も薄いためそこまで暑くもありません。

ダイソーのフェイスカバーもサングラスと合わせると顔の露出部分は限りなく少ないですね。

デメリットとしては、100均商品なのでメッシュ生地で薄く、UVカットとは明記されていません。

しかし、黒い色を選ぶことで紫外線を防ぎやすく、私は一番このフェイスカバーを使用していますよ!

ダイソー(100均) スポーツフェイスネックカバー
メリット
・耳にかけられるためずり落ちにくく、誰でも装着しやすい
・メッシュ生地でそこまで暑くない
・100均の商品の割にオシャレと実用性を兼ね備えている
向いている人
・安くてオシャレな日焼け予防がしたい方向け
デメリット
・耳にかけるのが嫌な人には向いていない。
・食事の際はフェイスカバーを下へずらすため食事中は日光が顔に当たる
・ UVカットとは明記されていないため、マスクだけではUVカット効果としては不安な点が残る

地域や店舗によって置いてあるものが違う場合や、似たような商品がそれぞれの店にもありますので店名は一つの目安としてご覧下さい。

2022.4.11追記 ダイソーの日よけマスク

2022年の4月、ダイソーにて購入したフェイスカバーがこちらです。

2022ダイソーフェイスカバー

昨年購入したセリアの日よけマスクの、口元が開かないバージョンになっていました。

ダイソーの日よけマスクのカラーは黒とピンクで、私は黒を購入しましたが、さっそく使い勝手良いですよ。

セリアの口元が開くタイプよりも見た目はシュっとして良いかなと思います。

また、筒状ではないので付け外しが楽ですし、マスクの下からペットボトルを飲んだり、簡単なものを食べたりできますよ。

ただやはり100均なので、生地は薄く、UVカットとは明記されていません。

ダイソーやセリアのフェイスカバーは過信は禁物ですね。

※ちなみに、同じ日よけマスクがセリアでも売っていましたよ
(ダイソーの名前はなく、日よけマスクとして並んでいました)

ここではアウトドア専門店のフェイスカバーや100均商品のフェイスカバーについてまとめてみました。

次は、それぞれのフェイスカバーの形状をどういう基準で選ぶのかポイントをご紹介しますね。

日焼けしないためのフェイスカバーを選ぶ時のポイント

このようにフェイスカバーにも様々なタイプがあるので、一度100均の商品で同じようなタイプを試してから、自分に合った形状のフェイスカバーを購入すると失敗がしづらいかと思います。

100均の商品は普段使いには優秀ですが、『○%UVカット』などの明記がされていないので、「長時間のアウトドアにはちょっと心配」という方は、やはりUVカット効果が保証されている商品の方が良いかと思います。

その場合は、自分でしっかりと基本的な日焼け予防をする事や、自分に合った形状の安心素材(UVカット率などが明記されている)のフェイスカバーを購入すると良いですよ。

それぞれのフェイスカバーの形状で使い勝手を比べてみました。

形状ノースフェイスのマスク
①筒状
セリアのマスク
②耳にかけるマスク
ダイソーのマスク
③耳穴がある筒状
フィット感ひっかける部分が鼻のみなので
ずれ落ちやすい
ずれ落ちにくい ずれ落ちにくい
暑さ対策やや暑い風通り良いそこまで暑くない
便利性フェイスカバー以外の用途あり外しやすい
飲み物飲める
脱ぎ着が手間
オシャレ感スポーティでオシャレややオシャレに欠ける少しオシャレ
日焼け効果やや露出あり露出は少ない露出は少ない

各形状のフェイスカバーを主観的に判定していますので目安として参考にして下さいね。

筒状のフェイスカバーの参考商品

フェイスカバー以外の用途もあるので、少し肌寒い時のネックウォーマー代わりなど別の機会に使いたいと思います。

耳にかけるタイプのフェイスカバーの参考商品

このタイプのフェイスカバーはオシャレよりも機能性が高い印象です。

水分補給が簡単にできるので、マラソンなどにも向いてそうですね。

耳穴がある筒状の参考商品

ネットで検索するとオシャレな商品も多々ありますが、その中でもこちらは釣り具メーカーが作っているので釣り師の方にはピッタリのフェイスカバーですね。

フェイスカバーで日焼けを予防!100均の優秀な商品ご紹介!のまとめ

100均のフェイスカバーまとめ

日焼け予防したい時、オシャレだからと安易に高いものをいきなり購入すると失敗する事があるかもしれません・・・

特にフェイスカバーは試着できず、人それぞれ顔の形も違うので見本を見ても自分に合うとは限りません。

そんな時、最近は100均で同じようなフェイスカバーが売っているので、一度試してから、気に入った形状のフェイスカバーを購入するという形をとってもいいかと思います。

私の場合は、基本的な日焼け対策を行った上、100均のフェイスカバーのままで1日中海釣りを行っても目立った日焼け跡は残っていません。
(優秀だと思いました!)

安くても基本的な対策ができていれば100均の商品でも十分日焼け予防に使えるかと思います。

(※肌には人それぞれ紫外線に対する感受性の違いもありますのでその点はご注意でくださいね)

オシャレにアウトドアを楽しみたい時や日焼け止めやお化粧をあまりしたくない方は同じようなタイプのUVカット生地の商品を購入すると良いと思いますよ。

これからも顔の日焼けに気をつけてアウトドアを楽しんで下さいね。

日焼け対策に必須!サングラスの参考記事

安いサングラスは目に悪い影響があります。日焼け対策に使用するサングラスの選び方の記事です。
⇒安いサングラスは目に悪い?サングラスで視力低下の可能性も!

冬の日焼け対策におすすめ

セリアの耳当て一体型マスクは防寒と日焼け対策にもなりそうです!
⇒セリアの耳当て一体型マスクの使い道は?冬のアウトドアにも期待できる!

error: このコンテンツのコピーは禁止されています