あめのちはれ
趣味・暮らしに役立つ

渓流釣りで必要な熊対策は?熊よけ方法のまとめ(体験談より)

渓流釣りの熊対策

渓流釣りや登山、キャンプや山菜採りなど山でのアクティビティは、熊対策が必要な場合があります。

熊との遭遇を非日常だと思っていた人も熊の生息する地域へ遊びに行けば命の危険にさらされることもあります!

また、最近では熊の生息する地域では、熊が以前よりも人里へ下りてくることが多くなり平常時いつ出会ってもおかしくありません。

そんな時のために、事前に熊に対する知識を身に着けておくことが大切です。

私は登山や釣りが好きですが、私の登山をする山には熊出没情報が出されていたり、登山中に出会った方に実際に渓流釣りで熊と対峙した時のお話も聞きました。

熊よけ対策として熊よけの鈴は有名ですが、出会ってしまうと鈴はもはや役に立ちません!

渓流釣りや登山、キャンプなどの愛好家としては、熊よけの方法は知っておいて損はありません。

実際に熊と出会った方が行っていた対策も含めて熊よけの方法をまとめました。

相手は野生動物なので、「これをやれば絶対安全」という対策はありませんが、アウトドア初心者の方や、渓流釣りや登山、山菜採りなどで山へ出かける事が多い方への熊対策の予備知識として参考になれば幸いです。

この記事で分かること

●熊出没の山に入る前に知っておきたい熊の知識

●熊と出会わないようにする、熊よけ対策

●熊と出会った時の対応

●熊と出会って明暗を分けた事例

山に入る前に必要な熊に対する知識

熊の知識

日本で遭遇する可能性のあるクマの種類

ツキノワグマ

ツキノワグマ

本州と四国に生息、植物を主食としているが雑食性。

体色は黒色で胸にV字や三日月型の白い模様(月の輪)があるのが特徴。稀に模様がない個体もいる

<大きさ>

体長 約1.1m~1.3m

体重 オス:約80~130kg、 メス:約50~80kg

山の中の食物が不足する夏に一部のツキノワグマは人里へ出没し、農作物を荒らします。

時には、秋になっても出没し社会的な問題になることもあります。

ヒグマ

ヒグマ

北海道のほぼ全域に生息、植物を主食としているが雑食性。

体色は赤褐色と黒褐色などのタイプがいる。

<大きさ>

体長 オス:約2.0m、 メス:約1.5m

体重 オス:約150~400kg、 メス:約100~200kg 

基本的には森林に生息していますが、明るい草原や河川の河口部などでも活動をすることもあります。

一度何かに執着すると、執拗に追う習性があると言われています。

共通する熊の特徴

  • 小さな音でも聞き分ける聴覚、わずかなニオイをかぎ分ける嗅覚を備えている。
  • するどい爪と大きな歯を持ち、時速40Kmで走ることができる。
  • また、水泳も得意で木に登ることもできる。

人間は、熊に引っかかれたり、押し倒されるだけで大けがをしてしまいます。

基本的には森林に生息していますが、どんぐり類が不作の年は食物を求めて人里へ降りてくることもあり、農作物を荒らしたり、人と出会う可能性があります。

早朝や夜間など行動することが多いです。

熊の生態

12~4月までは冬眠し(地域差あり)、冬眠から目覚めると山菜などを食べます。

山菜採りは注意!

6月頃に繁殖期を迎え、夏はハチミツや昆虫を探して食べ、秋にはどんぐりなど木の実を食べます。

登山、キャンプ、渓流釣りは注意!

注意すべき熊の習性

熊は知能・学習能力が高い!

熊は、本来は人を恐れて近寄りませんが、一度人を襲い人間の食べ物が美味しいと覚えてしまうと、人を襲うと食べ物が得られることを覚えてしまいます。

市街地に出没する熊も人間の出したごみや食べ物を覚えてしまい、人に対する恐怖心がなくなっている熊もいます。

特に子グマを連れた母グマは子供を守ろうとするため絶対逃げないのでとても危険です!

母グマと子グマの間に知らずに入ってしまうと攻撃されるので注意が必要です。

「ツキノワグマ」と「ヒグマ」とではそれぞれ特徴が変わってきます。

詳細は、お住まいの地域に生息する熊情報を参考にして下さい。

渓流釣りで熊と出会わないための、熊よけ対策

熊よけ対策として重要なことはまずは熊と出会わないこと(襲わせないこと)です。

【大切な前提!!】

渓流釣りや登山などで山へ入る前に事前に熊の出没情報を調べておくことが大切です。

特に最近の出没情報があった場合は避けた方が無難です。

また、道中で熊の足跡、フンや食べた跡など熊の痕跡を見つけた場合はすぐに引き返しましょう!

<熊よけ対策>

  • 対策1:熊よけの鈴をつける
  • 対策2:ラジオ、笛、爆竹などの音を鳴らす
  • 対策3:蚊取り線香などのにおいを利用する
  • 対策4:その場にとどまる際は、オオカミのおしっこを利用する
  • 対策5:一人ではなく複数で行動する

●対策1:熊よけの鈴をつける。

●対策2:ラジオをかける、笛などで音を鳴らす、爆竹などで存在をアピールする。

これらは熊に自分の存在をアピールすることになります。

人に慣れていない熊は音を聞き、近寄ることはありませんが、万が一人を襲ったことがあり、人間を襲うと食べ物が得られると覚えてしまった熊の場合、逆に引き寄せてしまう場合もあります。

●対策3:蚊取り線香などのにおいも有効。

ニオイに敏感なので蚊取り線香でも効果があると言われていますが、ホームセンターなどで売っている獣よけ線香もあります。

こちらは人に対してもきついにおいなので風向きには注意が必要です。

●対策4:キャンプなどでテントを張りとどまる時はオオカミのおしっこを利用。

オオカミを本能的に天敵と思っているようなのでテントを張る際はオオカミのおしっこを周りにかけている方もいます。

商品レビューを見ると野生動物に対して効かないという辛辣な意見も多いですが、熊で試したレビューはなさそうです・・・安心材料として使用する感じですね。

熊の出没する場所で食べ物のにおいは注意が必要です!!

食べた後のゴミなどを広げておくと近寄ってきます。

熊のいる場所ではキャンプ中、食べ物を出しておくのは熊を呼び寄せる自殺行為です。

●対策5:複数で行動する

熊対策としてだけでなく体調不良など万が一に備え、一人よりも複数人で行動することをお勧めします。

熊と出会ってしまった時の対策

熊と出会ってしまった時の対応

重要なポイント!

落ち着いて対応する!

熊と出会った時の対応!

絶対後ろを向いて逃げない!!(走らない!!)

熊と目をそらせないで、ゆっくりと距離をとる

 ➡熊は逃げるものを追う習性がある

カメラのフラッシュや投石など刺激を与える行動は控える。

熊がこちらに気づいている時、持っている物を使い(ザックなど)自分を熊よりも大きく見せる。

冷静に熊撃退スプレーを準備する。(下写真)

もしも襲われたら、両腕で首の後ろをカバーしうつ伏せになり顔やお腹を守り、背中はザックでカバーする姿勢をとる。

 ➡熊は死んだカモシカの肉でも食べるので「死んだふり」は通用しません。大けがを避けるための『防御』をしましょう!

いざとなったらナイフで戦う(目や鼻の急所を狙う)

熊撃退スプレーについて

↓こちらは『ツキノワグマ用』の熊除けスプレーです。

↓こちらは『ヒグマ対応可能』な強力な熊除けスプレーです。

ヒグマはツキノワグマより大きいため、より強力なスプレーを使用するようになっています。

より強力であるために、人に対して使うと危険です!

自分の顔や直接皮膚に触れないようにご注意下さい。

風向きにも注意が必要ですが、緊急時にそこまで意識し、移動できるか・・・という問題はあります。

また、それぞれの熊撃退スプレーについて、使用期限や誤噴射などに注意して下さい。

体験談を聞くと、熊除けスプレーは実際に使う機会は稀かもしれませんが、持っているだけで安心感があり、実際に遭遇した時、心理的にも落ち着きをもたらすアイテムでもあります。

アイテムを上手く活用して落ち着いて行動できるようにしていきましょう!

知床財団HPでは、熊との遭遇した時の対処法が具体的な距離とともに紹介されています。

熊の出没する山(特にヒグマの地域)でのアクティビティへ行く前に一読しておくことをお勧めします。

知床財団HPはこちらから

実際に熊と遭遇した方の体験談

①山菜採りに行った友人が襲われた話

山菜採りに山に入り、人が熊に襲われるニュースをよく見かけます。

「熊出没情報や実際に熊に襲われた」というニュースが出ているにも関わらず、ご友人が山菜採りに入り、ふくらはぎをえぐられたという方もいます。

一度人を襲った熊には注意が必要です

そして悲しいことに、人襲った熊は、駆除対象になってしまいます。

人と熊とが共存していくために、熊に人を襲わせない人間側の対応も必要です。

②渓流釣りで熊と出会った方の体験談

ヒグマと遭遇の話

渓流釣りの時に、川を挟んで熊と遭遇。

熊はこちらを見ていないが、自分たちには気づいている状態。

体験者は二人組で食事中だったのをすぐに片づけ、距離があるので様子を見ながら音はさ出ず、熊除けスプレーの準備だけ行っていた。

熊が少しづつ近寄ってきた時に二人で手をたたくなど音を出し、熊除けスプレーの安全ピンを外し噴射準備を行う。

・・・しばらく対峙した後、熊は後ろの茂みへ帰って行ったのですぐに退避した。

という体験をされましたが、とても運が良かったケースと言えます。

もし熊が空腹だったら、熊の接近に気づくのが遅かったら、間違った対応をしていたら・・・本当に間一髪だったと思います。

この方は普段の登山や渓流釣りの装備に熊よけスプレー、サバイバルナイフを携帯しておられます。

万が一熊に襲われたら左手を犠牲にして熊の目や鼻など急所を狙う方法などを教えていただきました。(できれば使いたくない技です・・・)

そしてご友人が先に出てきた山菜採りでふくらはぎをえぐられたという方です。

・・・やはり「熊に対しての認識の違い」がこうも左右する話だと感じました。

最後に、絶対に熊を餌付けしてはいけません!

野生の熊に餌を与えてはいけません

北海道の方へ観光などに行くと、車から熊を目撃することもあります。

見た目はかわいく感じ、近寄って写真を撮りたい気持ちもわかりますが、安易に食べ物を与えてしまうと、人間の食べ物の味を覚え、その熊は人に近寄り、襲ってくるようになります(熊自身は餌をとろうとするだけ)。

そして、人にも慣れ、人を恐れなくなります!

また、人を餌だと覚えてしまったら・・・お互いにとても恐ろしい結末です。

私たちはあくまでも自然界に一緒に住まわせていただいている存在ということを忘れずに、自然と共存することはお互いにテリトリーを守ることだと思います。

渓流釣りで必要な熊対策のまとめ

熊よけの方法まとめ

熊の生息地域を把握し、その地域へ初めて訪れる場合、熊の出没情報など確認しておく事が重要です。

そして山や森でのアクティビティの際は、熊と出会わない対策が大切です。

【熊を寄せ付けない、熊よけ対策】
  • 対策1:熊よけの鈴をつける
  • 対策2:ラジオ、笛、爆竹などの音を鳴らす
  • 対策3:蚊取り線香などのにおいを利用する
  • 対策4:その場にとどまる際は、オオカミのおしっこを利用する
  • 対策5:一人ではなく複数で行動する

万が一、熊と出会ってしまったらパニックにならず落ち着いた行動をとる事が大切です。

(そのために熊撃退スプレーなどの携帯を行う事で気持ちに余裕が持てます)

【熊に遭遇した時の対応】
  • 走って逃げず、熊とゆっくりと距離をとる
  • 熊と距離がある場合は刺激をしない
  • 見つかっている場合は、自分を熊よりも大きく見せる
  • 熊に襲われた時は、けがを最小限にするために防御の姿勢をとる
  • いざという時は熊除けスプレーやナイフで戦う事も

最近では、地域によって山の中以外に、市街地でも熊の出没、被害も出ています。

熊に対する知識を身に着け、しっかりと自分の身を守り、安全な熊との共存した生活を行っていきましょう。

ブログランキング
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク