あめのちはれ
アロマテラピー

『フレグランスオイル』と『アロマオイル』の違いとは?|香水や精油との違いも簡単に解説!

フレグランスオイルとアロマオイルの違いは?

フレグランスオイルやアロマオイルの違いや、香水や精油との違いについてはっきり説明できますか?

アロマテラピー検定の勉強をすると『エッセンシャルオイル=アロマオイル』とは限らないという事を知りましたが、フレグランスオイルとはどう違うのか分かりませんでした。

ルームフレグランスと聞くと、オシャレな部屋に使う芳香剤をイメージしますし、洗剤などでもフレグランスという言葉を使っています。

それらは、同じようにエッセンシャルオイル(精油)を使用しているのか?

さらに、アロマディフューザーとフレグランスディフューザーとの違いは?と疑問が湧いてきます。

どちらも同じように良い香りのものですが、フレグランスオイルでアロマテラピーは出来ません!

そして『アロマオイル』と書いてあってもアロマテラピーに適していない商品もあります!

この記事を読むと、香りの違いについてあまり知らない人にアロマオイルだけでなく、フレグランスオイルや香水についても説明できるようになります。

柚李

知れば誰かに話したくなる!香りの名称の違いについて、アロマテラピー検定1級を持つ私がご紹介していきます ♪

使い方やそれぞれのメリットを上手く活用して楽しみましょう!

この記事で分かる事!

フレグランスオイルや香水、アロマオイルやエッセンシャルオイル、精油の違いについて

フレグランスオイルやアロマオイルのそれぞれの香りの使い方や楽しみ方

ルームフレグランスにはどんなものがあるのか

『フレグランスオイル』と『アロマオイル』の違いについて

フレグランスオイルとアロマオイルの違い

とても簡単に言ってしまうと、

フレグランスオイルは人工的に合成されてつくられたもの。

アロマオイルと呼ばれる中のエッセンシャルオイル(精油)は100%植物由来の天然のもの

それぞれの香りについて詳しく見ていきましょう!

フレグランスオイルと呼ばれるものについて

フレグランスオイルと香水の違いは?

フレグランスとは?

まず、フレグランスを大まかに言うと「香水・化粧品・芳香剤」などに用いられる香料や芳香化合物のことを言います。

また、狭義な意味では香水やコロンを表す場合もあります。

※香水には、フレグランスの他、「パルファン」、「パフューム」という呼び方もあります。

フレグランスオイルとは?

アルコールや添加物、合成香料などが入ったものがあり、100%天然のものとは言えない人工の香料です。

(ポプリオイルやアロマオイルも含まれる:詳しくはアロマオイルで解説⇩)

フレグランスオイルは、基本的に肌や身体に直接塗るような用途として作られていないため、特に使用法に書かれていない場合、直接肌に塗る事はできません

香水とは?

香水は通常香料とアルコールと蒸留水で作られているもので、化粧品の一種です。

香料には植物や動物などから抽出された天然香料と合成香料があります。

香水であれば基本的には肌に直接つけるように作られています。

香料とオイルから作られる、「オイル香水」と呼ばれる塗って香りつけるものもあります。
(水やアルコールが入っていないのが特徴で香りが香水よりも柔らかい)

首や手首、耳の裏などにさっと塗って香りを楽しめるロールオンタイプの物。(⇩参考)

フレグランスオイルの利用方法

香水として使用(身体に使える物を使用)

リードディフューザーに使用し部屋に広く拡散させる(リード(スティック)

アロマストーン、フレグランスストーンに染み込ませて香りを拡散する

ハンカチやティッシュに染み込ませ、ほんのり香りを楽しむ

アロマキャンドルを作る(手作りする時にエッセンシャルオイルの変わりに入れる)

フレグランスオイルのまとめ

香りを楽しむ事に特化したもの

●価格はエッセンシャルオイル(精油)よりもリーズナブル

●身だしなみ(清潔感のある香り)、ファッション(コーディネートに合わせた香り)、匂いによる心理的効果(さわやか、リラックス、ロマンティックさなど)に利用できる

●空間や物に対して良い香り・好きな香りをつける事ができる

柚李

人工的に作られている香料なので、アロマテラピーのような体へのトリートメントには使用できませんが、価格も安く、種類も豊富で部屋のインテリア、香りつけにとっても役に立ちますね。

アロマオイルやエッセンシャルオイルについて

アロマオイルとは?エッセンシャルオイル・精油との違いについて

アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

一般的に『アロマオイル』と言うと、アロマテラピーで使うオイルを想像する事が多いかと思いますが、厳密に言うと、アロマテラピーで使うものは精油であり、『エッセンシャルオイル』と呼ばれています。

AEAJ(日本アロマ環境協会)による精油の定義

エッセンシャルオイル(精油)は、植物の花、葉、果皮、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である。

出典元:公益社団法人 日本アロマ環境協会(2018)『アロマテラピー検定 公式テキスト1級』公益社団法人 日本アロマ環境協会(p13) より

アロマオイルと言うだけでは、中身が粗悪なものもあり、アロマテラピーで使えるような100%植物由来の天然のものではない可能性がありますので注意が必要です

ネット上やブログではアロマオイルの方が分かりやすいため、私のブログの中ではアロマオイル(または精油)という呼び名を使用しています。

アロマオイルとして商品で売られている物の中には、『人工香料、アルコール、その他の原料が入っているオイル』もあり、ポプリオイルやフレグランスオイルもその中に含まれていることもあります。

エッセンシャルオイル(精油)は100%植物由来で、抽出方法も決まっています。

そして、一般的には高価なものです。

店頭で販売しているもので安く買えるものはほぼないので、通販並みに安い価格で売っているアロマオイルはほぼエッセンシャルオイル(精油)ではないと思っても良いと思います。

ただアロマテラピーのように顔や身体に使用せず、香りを楽しむためならフレグランスオイルと同様に使えるので、使用方法だけ間違えないように気をつけいただきたいと思います。

精油を選ぶ際の見るべきポイントや、お手頃な価格で多種類の精油が欲しいという方には低価格でも品質がしっかりとしている「なごみアロマ」の精油がおすすめです!
なごみアロマの品質や偽物は?アロマテラピー検定1級の私がレビュー!

抗菌・抗ウイルス作用、抗炎症作用、脳に直接働きかける鎮静作用、不安を抑える心理的作用など特有の効果を期待される場合は、エッセンシャルオイル(精油)の使用をおすすめします!

エッセンシャルオイル(精油)によるアロマテラピーについて

アロマテラピー

アロマテラピー:エッセンシャルオイル(精油)を使って、心身の不調を整えたり、健康の維持・増進に役立てる自然療法である。(芳香療法の一つ)

アロマテラピーの方法

芳香浴法(精油を拡散して香りを楽しみながら心身のバランスを整える)

沐浴法(精油を入れた湯に全身または身体の一部を浸ける、入浴効果+精油の相乗効果を狙う)

吸入法(鼻や口から吸入し、呼吸器系の不調を緩和する)

湿布法(タオルや布を使い、精油成分を身体の一部に当て、痛みや凝りなどを緩和する)

トリートメント法(希釈した精油を顔や身体に塗布する。リラクセーション、保湿、整肌、血行促進、筋肉の凝りをほぐす効果がある)

手作りの化粧品を作る(ボディースプレーやスキンローション、入浴剤やクリームなど)

天然のエッセンシャルオイル(精油)には、香りを嗅ぐだけではなく、実際に体に塗布して利用するなど多岐にわたった活用方法があります。

フレグランスオイルとアロマオイルの違いについてまとめ

厳密に言うと、アロマオイルもフレグランスオイルの一つであるため、フレグランスオイルとエッセンシャルオイルでの比較にします。

フレグランスオイルエッセンシャルオイル
人工的につくられた香料100%植物由来の天然の芳香物質
香りを楽しむために使う香り以外にも作用がある
(アロマテラピーとして用いる)
価格はリーズナブル植物により金額の差が大きく、基本的には高価

違うことで注意が必要な事

  • ディフーザーに使う時のオイルは、専用のオイルを使用する。
  • フレグランスオイルを肌につける場合、肌への使用が可能か確認してから使用する。
  • アロマテラピーで使用する際はエッセンシャルオイル(精油)を使用する
    (特に肌、身体に塗布する場合)

また、エッセンシャルオイルは100%天然のものですが、絶対安全という訳ではありません

エッセンシャルオイルは成分が70~100倍ほど濃縮されているため、原液の作用はとても強いです。

そのためエッセンシャルオイルを使用する際にはいくつかの注意点があります。

価格や手軽さを比べると、エッセンシャルオイルはフレグランスオイルやアロマオイルよりも少しハードルは高いかもしれません。

フレグランスオイルを使用したルームフレグランスの商品紹介

柚李

アロマディフューザーとは違う見た目のルームフレグランス、せっかくなら部屋をもっとおしゃれに見せたいですね!

手軽に香りを楽しむ、素敵な香りの空間を作る、おしゃれなインテリアにもなるルームフレグランスにはどのような物があるのか一例をご紹介します。

●季節や気分に合わせて、お部屋の香りをカスタマイズできる
【フィッツホームフレグランス】

7色のスティックカラーと10種の香りで70通りの楽しみ方ができる、定期購入タイプのルームフレグランスです。

定期購入なので毎回違う香り、違うカラーを楽しんでみてもいいですよね。

シンプルな見た目と可愛いカラー、香水のような香り立ちにこだわった製品です。

身だしなみやファッションだけでなく、生活に香水を取り入れたいオシャレな方に向いています。

●さりげなく香り、クセになる
【香りを楽しみ尽くすレイヤードフレグランス】

スタイリッシュでオシャレなボトルの数々ですが、こちらのショップでは『進撃の巨人』とコラボしたアイテムが販売されています!

好きなキャラの描かれたオシャレなディフューザーやモバイルフレグランスは進撃の巨人好きは要チェックですね!

●「世界でただ一つ」のディフューザーセット
【SCENT IS PARADISE】

とにかく見た目が一番オシャレなフレグランス・ディフューザー!

色彩豊かなオシャレなガラスボトルはハンドメイドでその名の通り世界に一つだけのものです!

この存在感のあるディフューザーの見た目と爽やかな香りで、在宅ワークのやる気もアップしそうですね。

インテリアにこだわったオシャレな部屋にしたい方、サロンなどお客様の来る店舗でも大活躍できそうなフレグランス・ディフューザーです!

『フレグランスオイル』と『アロマオイル』の違いまとめ

フレグランスオイルの中にアロマオイルが含まれていたり、アロマオイルと言ってもアロマテラピーでは使用できないオイルがあったり・・・

いろいろ混乱しそうですが、それぞれの名称と用途を知ると、少し理解が深まったのではないでしょうか?

フレグランスオイル:アルコールや添加物、合成香料などが入った人工の香料。

(アロマオイル、ポプリオイルなどが含まれる)

香水:香料とアルコールと蒸留水で作られている、化粧品の一種。

エッセンシャルオイル(精油):アロマテラピーで使用する、100%植物由来の天然の芳香物質。

アロマオイルをエッセンシャルオイル(精油)と同じように取り扱っている事が多いため購入の際は使用用途によりどちらが良いのか確認するようにして下さい!

柚李

用途によって使い分け、香りを取り入れた生活を楽しんでくださいね♪

【オンラインでメディカルアロマを学び、「メディカルアロマ検定」と「メディカルアロマインストラクター」資格取得を目指す講座の案内です】

ブログランキング
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク