あめのちはれ
健康になる

ギプス固定と松葉杖生活の注意点|【専門家が解説】初めての時に用意しておくと良いものまとめ

ギプスと松葉杖の生活

私の家族が、外出時に段差で足をくじき、病院に行った所、足部の靭帯断裂の診断を受けギプス固定・松葉杖生活が始まりました。

私はリハビリ職員をしており、今まで整形外科で足の骨折をされた患者さんも何度かリハビリさせて頂いていたので、病院での生活は知っていました。

しかし、初めて自宅での生活を目の当たりにしてギプス松葉杖での生活の大変さを改めて実感しました。

歩き方や階段昇降などの知識はあっても、今まで床での生活、狭い室内、お風呂や買い物の不自由さ・・・体験して初めて問題が見えてきました。

今回は、初めて足にギプス固定をしたり、松葉杖を使用する事になった際注意する事や、初日から用意しておくと良いものなどをまとめておきました。

この記事が私や家族以外の誰かの参考になると幸いです。

この記事で分かること
  • 初めて松葉杖を使用する時に知っておいた方が良いこと(高さ調節・歩行方法・階段昇降の方法)
  • 松葉杖を使用する際の注意点
  • 松葉杖での生活上の注意点と用意しておくと良いもの
  • ギプス生活での注意点と用意しておくと良いもの
  • ギプス装着中の注意点

この記事は一般の方向けに、専門用語をかみ砕いて書いています。

専門家の方と違う表現をしている部分もありますのでご了承下さい。

はじめに、ギプス固定、松葉杖使用までの経緯(今回のケース)

ギプス・松葉杖までの経緯
ゆず君

当事者は30代、男性、左足の靭帯断裂により足をくじいた2日後からギプス固定と松葉杖使用開始しています。

けがをした当日:

土曜日の午後、外出先の段差につまずき、勢いよく左足を捻った直後は、痛みも強くなかなか本人は立ち上がれず。

その後、かろうじて左足首は動き、自力で立ち上がる事もできたため、支えながら歩き自宅へ帰る。

体重を乗せると痛むが、冷やしながら少し足を上げて安静にしていると痛みがマシになるため、そのまま土曜・日曜は自宅で様子を見る

自宅内にて:

左足に体重をのせられない状態だったため、趣味の登山で使用している、登山用のスティック(1本または2本)を使用して自宅内を移動。


【 ⇩ 床を汚さないよう、傷めないようにスティックの底は布で覆う】

登山杖

また、急性期なので、入浴・シャワーも避けてひたすら冷やす事を試みる。
(洗髪は洗面台で、身体はボディーシートで拭く対応)

月曜日の朝整形外科へ受診:

徐々に内出血や腫れもみられたため、月曜日、朝一で整形外科へ受診、左の前距腓靭帯の断裂(参考にて解説⇩)にて左下腿から足先までをギプス固定、病院から松葉杖を借りての生活となる。

足をくじいた時に足関節の外側に付着している前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)は、損傷する頻度が高く、慢性化する場合が多いので注意が必要です。

受診時は、「安静期間6週間、2週間はギプス固定」との診断結果を受ける。

【松葉杖のレンタル料金について】

今回、松葉杖は病院からレンタルするという形でした。

無料で貸し出しされる場合もあるかもしれませんが、ここの病院では、預かり金として5000円の前払いをし、1日50円のレンタル料金で、松葉杖を返却する際、差し引き金額を返却するという仕組みでした。

ゆず君

一応体力のある男性なので、松葉杖を使用できる腕の力は十分あり、最悪片足のケンケンで移動する事もでき、左足なのでギプス固定後も車の運転はできる状態でした。

すももちゃん

もし今回一人の場合、当日は歩けないのですぐに救急車などを呼ぶ必要があったかもしれません。

また、右足であれば車の運転もできないため、その場合は通勤手段の変更も必要でした。

不幸中の幸いが少なからずありました・・・

初めて松葉杖を使用する時に知っておくこと

松葉杖を使用する時に知っておく事

松葉杖の高さ調節を行う

松葉杖での歩行方法・階段の上り下りの仕方を確認しておく

●松葉杖を使用する際の松葉杖のチェックと、脇を圧迫しないように氣をつける!

◇松葉杖の高さ調節

その場で松葉杖の高さを調整してくれると思いますが、長時間歩く時などの疲労感やバランスにもかかわってくるため現場でしっかりと高さを確認しておく必要があります。

松葉杖の高さの目安

●松葉杖の先を、足先斜め前方約15cmの位置についた時、わき当てと脇の間に2~3横指すき間があり、その時に肘が約30度曲がるくらいにする。

●握りの高さは、床から大転子橈骨茎状突起の高さになります。

大転子(だいてんし):太ももの骨の一番上外側にあるでっぱっている部分

橈骨茎状突起(とうこつけいじょうとっき):手首の親指側ででっぱっている部分

松葉杖高さ合わせ
松葉杖の高さ2

【不適当な場合】

長すぎる時:肩が上がり、床に押し付ける力が弱くなる。

 また、脇を圧迫してしまい、腋窩・橈骨神経麻痺を起こす事がある

短すぎる時:脇で固定する力が弱くなり、歩行が不安定になる。

 体も前に傾きやすく、姿勢が悪くなる。

◇松葉杖での歩行方法

受傷した足を接地できるかどうか(骨折などで体重をかけて良いかダメか)で歩きやすさが多少違います。

足に荷重をかける程度や松葉杖を片側で持つのか両側で持つのかでも歩行方法が違うので、しっかりとその場で指導を受けて下さい。

荷重制限や歩行方法を聞いた後は、松葉杖の高さが合っているか再度確認もしておきます。

残念な事に、歩行方法や階段の昇降の方法など聞かないと教えてくれないスタッフもいます!!(←氣づいていない場合あり)

※自分の生活で必要だと思う行為の方法は積極的に聞いておきましょう!

◇松葉杖での段差、階段の上り下りの仕方

低い段差でもバランスを崩しやすいので注意が必要です。

階段は、始めは怖いと思いますので、しっかりと方法を確認して行って下さい。

こちらも足に荷重をかける、かけないの違いがありますが

上り良い足(健側)から上がる

下り:ケガした悪い足(患側)から降りる

 が基本となります。

松葉杖を使用した階段の上り下りは、

上り:良い方の足から上り ➡ 松葉杖(と悪い足)の順番で1段づつ昇る。

下り:松葉杖(と悪い足)から降ろし ➡ 良い方の足の順番で1段づつ降りる。

 ※患側を先に出さないと、後方の段に引っかかる心配があるので注意。

階段の上り下りの時に、両方の松葉杖が上の段にこないように氣をつけて下さい!

松葉杖が上の段差に来ると、脇が持ち上がり、バランスを崩しやすくなります。

【 ⇩ IMSグループリハビリ部門の「医療・介護お役立ちサイト」より】

患側に体重をかけない場合の松葉杖での階段の上り下りの動画です。

分かりやすいので参考に貼っておきます。

介助者がいる場合は、上り下りとも常に本人よりも下に位置すると、バランスを崩した時に支えやすいです。

◇松葉杖を使用する際の大事な注意点!(再度確認を!)

① 松葉杖は脇で支えてはいけません!

脇の下には、リンパや血管、神経などが通っています

なので、脇を圧迫すると、麻痺などを起こす可能性もあり、とても危険なので、松葉杖は手で支え、脇の下は少し空けておきます
(脇の下に2~3本指が入るのが目安)

② 松葉杖の長さ調節と共に、松葉杖のねじのゆるみ(歩行中や松葉杖を落下させた時に「カシャカシャ」と乾いた音がする時はネジがゆるんでいるので締め直す)も見ておきましょう。

③ 杖先のゴムの破損のチェックなども忘れずに見ておきましょう。(ゴムがはがれていると滑りやすくなります)

ゴムがはがれていると、雨の日の滑りやすいリスクが増します!

松葉杖の不具合は積極的に相談し、可能なら交換してもらううようにして下さい。

※参考文献:富士武史,河村廣幸,小柳磨毅,淵岡聡(2006.11.20)『ここがポイント!整形外科疾患の理学療法』金原出版株式会社

松葉杖での生活上の注意点・用意しておくと良いもの

松葉杖生活の注意点

松葉杖での生活上の注意点

・屋外の広い所では移動しやすいが、狭い場所では移動がしにくい

・屋外でのちょっとした段差でもつまずきやすく、バランスを崩しやすい事を知っておく。

階段昇降は練習をしておかないと初めては難しい。(いきなり外出先で試みる事は危ないです!)

手動での扉の開け閉めが困難、挟まらないよう、バランスを崩さないよう注意。

雨の日は地面がすべりやすく注意が必要。

(もちろん傘ではなくカッパを着ないといけない)

松葉杖での生活に用意しておくと良いもの

・松葉杖での買い物などは荷物が持てないので、リュックや肩掛けの鞄が基本財布やスマホなどすぐに必要なものは肩掛けの方が便利

・靴の履き替えが立ったままでは危ない ➡ 椅子に座って行う。

・ズボンの着替えなども立った状態では難しい ➡ 椅子も使いながら行う。

・長時間、松葉手を使用する事で、手首、親指の付け根部分、脇の下など当たる部分に痛みが生じる場合がある ➡ それぞれ、タオル・包帯などを巻いて当たる部分をを柔らかくして対応。
(※握り部分は滑らないように注意)

【 ⇩ ハンドタオルと包帯を巻いた松葉杖】

松葉杖

うちの場合

▼屋内での移動手段に松葉杖は広いスペースが必要です。
 うちの場合、自宅内は登山用のスティックを継続して使用することにしました。
(足への荷重は多少OKなので)

▼部屋の床には物をおかず、コードなど引っかからないように配慮したり、
 床でのちゃぶ台生活を、ソファーとテーブルを使用した椅子生活へ変更しました。

▼玄関での靴の着脱時は腰掛けられる椅子を用意すると一人でも靴の着脱が可能です。
(ギプス側はベルトつきのスリッパで屋外でも汚れないようにしていました)

▼お風呂では、洗体用の椅子を使用していたため、座ってシャワーでの対応をしていました。

【 松葉杖での転倒リスク高い行為 】

  • 片手での荷物の持ち運び
  • 狭い所での方向転換
  • 車の乗り降り
  • 扉の開閉時
  • 雨の屋外など
すももちゃん

松葉杖を持った状態で転倒すると、とっさに手が出ないため危険です!

再度のケガにもつながりかねないため、転倒しないように氣をつけて下さいね。

ギプス生活(足)での注意点・用意しておくと良いもの

ギプス生活上の注意点

●お風呂の時、濡れる事を防止する必要あり ➡ 専用のカバーが売っているのですが、応急的にゴミ袋をかぶせ、テープでしっかりと水漏れを防ぐことで防水可能です。

【 ⇩ 自宅でのお風呂の時のギプス保護 】

ギプスでお風呂

【 ⇩ 足用防水カバー参考の商品 】

●屋外・屋内でのギプスの汚れ(接地できる場合)を防止する必要がある ➡ 屋外ではベルト付きサンダル、屋内(職場など)ではゆるい靴下をはいていました。

【 ⇩ 100円均一で売っているカバーソックスを使用 】

【 ⇩ ギプスにカバーソックスを履かせた様子 】

カバーソックスを履いたギプス

【 ⇩ 外出時のサンダルを履く様子 】

ギプスでサンダル

●ゆるいズボンしかはけない ➡ 基本はジャージで生活をしていました。
 暑い時期なら短パンなど履くと良いと思います。

皮膚が乾燥してくるのでスキンケアをする ➡ 入浴時に洗えない指先、ギプスのきわなどはボディシートで拭いたり、クリームにて保湿。

●寝る時にギプスの当たりやむくみを防ぐ ➡ タオルや枕で好みの高さを作り足の下に置く。

【 ⇩ 足の下に入れる枕は痛みなどに合わせて高さを調節する 】

枕

ギプス装着中に注意すること

① 患部やギプスに異常がないか確認する

  • 患部や患部側の腕・足に腫れなどがないか
  • ギプス自体の破損や濡れていたり、腐食していないか

② 固定されている部分が痛む足の指が痛みで動かせないなどの症状がみられたら、病院にすぐ相談する

③ むくみや腫れを起こす場合、患部をなるべく心臓より上の高さにしておく。

④ ギプス内が蒸れると皮膚トラブルにもあるため、汗をかかないようにする。

⑤ ギプスで固定されている部分は動かせませんが、その他の部分は動かさないと筋力が低下してしまうため、

 安静期間は足の指先やその他動く部分の筋トレをしておきましょう!

【今回の場合、股関節・膝関節までは動くので股関節周囲や膝の運動や指先の運動を行います】

  • 座った状態でのもも上げ膝伸ばし
  • 足の指の屈伸や指先でのタオルをたぐりよせるタオルギャザー

※受傷した部位や内容により安静にしておく必要があったり痛みが起こる場合があるので、筋トレをする場合、主治医の先生やリハビリ職員と相談してもらうと良いと思います。

※すぐに相談できない場合は、痛みのない範囲で動かせる範囲、低負荷からの運動をおすすめします。

初めてのギプス固定・松葉杖生活のまとめ

松葉杖での生活で知っておく事
  • 松葉杖の高さ調節を行う
  • 松葉杖での歩行方法・階段の上り下りの仕方を確認しておく
  • 松葉杖を使用する際の松葉杖のチェックと、脇を圧迫しないように氣をつける!
  • 荷物の持ち運びはリュックや肩掛けの鞄
  • 椅子を利用し靴やズボンの脱ぎはきを行う
  • 松葉杖で当たる部分、脇や手のひらをクッションで保護する
  • 転倒リスクのある行為に注意する

ギプスでの生活で知っておく事
  • ギプスを濡らさないようにする
  • ギプス内は、蒸れない・汗をかかないように注意する
  • 患部の腫れやむくみがある時は心臓よりも高く置く
  • 患部や患側に痛みや腫れなど異常がある時は病院へ相談する
  • 動かさない事でので筋力低下を予防する

初めての経験では心理的なショックと共に実際の生活も大変かと思います。

体力や筋力があるかないかでも松葉杖の使用になるのか車椅子の生活になるのかが変わってきますしね・・・。

病院の職員は病院での状態に慣れているので、それぞれの自宅内での生活までは想像がつかない事も多いなと、今回とても実感しました。

なので、もし生活上困った事があれば遠慮せず病院の先生や職員に相談した方が良いと思います。

この場合はどうすればいいか?過去の他の患者様の経験からアドバイスをいただける事も多いと思います。

ゆず君

とにかくケガや事故にはくれぐれをご注意下さいね!

ブログランキング
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク