心と体を整える

伝え方コミュニケーション検定講座とは?初級を受けて感じたメリット・デメリット

伝え方コミュニケーション検定講座とは?初級を受けて感じたメリット・デメリット

私は内気な性格だからコミュニケーションが苦手だと思っていました。

しかし、この伝え方コミュニケーション検定の初級講座を受けて、コミュニケーションに必要な前提が分かっていなかったことを知りました。

何回言っても相手に理解されない、自分は褒めたつもりが相手には伝わっていない、逆に、相手の言葉に対し「なぜいつもそんな言い方をするのだろう」と嫌な気分になる・・・そんな風に感じる原因も分かりました。

同じように対人関係で悩んでいる方は、タイプ別の伝え方、受け止め方があることをぜひ知って下さい!

この記事では、伝え方コミュニケーション検定講座で学べる内容や初級の講座を受けた感想・メリット・デメリットをご紹介していきます。

伝え方コミュニケーション検定講座とは?

話し方よりも伝え方が大切

まず、「話し方」と「伝え方」は違います。

自分の思いが相手に伝わらないのは、話し方が下手だから・・・と悩んでいませんか?

実は話し方が悪いのではなく、相手が受け止められる伝え方ができていなかった可能性があります。

伝え方コミュニケーション検定講座では、自分と考え方の違う相手に合わせた伝え方を学ぶことができます!

伝え方コミュニケーション検定講座で対人関係のスキルが学べる

伝え方コミュニケーション検定講座は、稲場 真由美先生が性格統計学を基に、16年間かけてのべ12万人のデータからまとめられたコミュニケーションメソッドです。

通常の性格診断では、“あなたはこのタイプに当てはまります”、“あの人はこのタイプです”と分類するだけで終わる事も多いと思います。

しかし、この伝え方コミュニケーション検定講座では、自分や相手のタイプを知り、それぞれのタイプの考え方が理解でき、その上でどうすれば相手に伝わるのか、という部分までしっかりと教えてくれます。

伝え方コミュニケーション検定には初級・中級・上級とあり、初級では2タイプ(希望型・慎重型)、中級では3タイプ・・・とより詳しいタイプ分けを学んでいきます。

私としては、初級を受けるだけでも家庭や仕事での人間関係に多いに役に立つと感じました。

また、このコミュニケーションメソッドは、平成28年に文部科学省の調査研究事業でも採用さており信頼性の高さも伺えます。

最近では、書籍の発売やテレビ番組内(フジテレビの「ノンストップ!」)でも取り上げられるほど話題になっています。

<稲田真由美さんのコミュニケーションに役立つ書籍紹介>

伝え方コミュニケーション検定講座で学べる内容

伝え方コミュニケーション検定の初級で学べるポイント

初級では人の2つのタイプ(希望型・慎重型)の特徴を学びます。

自分のタイプを知ることと共に、タイプによるコミュニケーションのギャップがあることが分かります。

自分と違うタイプを理解すると、何が相手のタブーになるのかが理解できます。

また、「自己肯定感とは?自己肯定感がなぜ大切なのか?自己肯定感の上げ方」などのお話がありコミュニケーションをとる上で自己肯定感の大切さが分かります。

初級を学ぶだけでも、人間関係を円滑にしたり、相手にやる気をださせたり、と目的にあった伝え方が分かり、今まで苦手だったコミュニケーションに対する意識が薄くなりました!

初級検定を見る

伝え方コミュニケーション検定講座の初級を受けた感想

私は伝え方コミュニケーション検定の説明のオンラインセミナーと初級を受講しましたが、その時に感じたことをまとめてみますね。

その後、中級も受けました!初級と中級の違いが知りたい方は【伝え方コミュニケーション検定の初級中級セットの内容は?人を育てる人に役に立つ!】も合わせてご覧下さい。

初級を受けて自己肯定感の低い理由が分かった

講座中で説明される2つのタイプに自分を当てはめた時、特徴がよく当てはまり、自分のことが客観的に分かりました。

私は慎重型でしたが、慎重型はどういう風に言われると嬉しいのか、どんな褒められ方が心に響くのかなど、希望型とは違うという事をここで実感しました。

性格は遺伝するものではないので、たとえ家族であってもこのタイプが違う場合があり、コミュニケーションギャップが生じます!

(生まれ持った先天的な性格に環境が合わさって今の性格になります)

私は幼い頃から「母親に褒められたことがない」と思い、承認欲求も満たされず自己肯定感が低くなったと感じていました。

しかし、本当は褒められていても、自分が誉め言葉として受け取っていなかった、とこの講座を聞いて分かりました。

タイプによって心に響く言葉が違う⇒コミュニケーションギャップ!

母とはタイプが違うので、母が思う誉め言葉と私が思う誉め言葉にズレがあったのです・・・

自己肯定感が上がらない理由

セミナーの事例で子育てに悩む方達も、自分の言葉が子供に伝わらない悩みを話ていましたが、実際私たちの周りではそのようなズレが多く生じているのだと思います。

先天的な性格をさらに詳しく知りたい方へ

伝え方コミュニケーション検定中級の講座受講でもらえる価値観分析レポートで自分をより深くことができます!
(3名分無料請求可能)

伝え方コミュニケーション検定初級・中級セットの詳細はこちらから⇩

初級・中級セットを見てみる

セミナー内で共感や発見を感じられる

受講動画では、講師の話だけでなく実際にセミナーを受けている受講生もいるため、自分と同じタイプの考えに共感したり、別の考え方の人がいることを実感できます

またワークなど一緒に考えたり行うことで、自分も同じ空間でセミナーを受けている感覚になりました。

違うタイプの人にも興味が持てる

初級では主に2つのタイプについての内容ですが、中級ではさらに3つのタイプに分けられ、より深く自分や他人のことを学ぶことができます。

私は、家族でもコミュニケーションの難しさを感じているので、もっと詳しく違うタイプの人と接する方法を知りたいと思いました。

また、今までは希望型の人と接するのが苦手でしたが、どう接すればいいのかが分かり、実践するとどう関係性が変わるのか?と違うタイプの相手にも興味が湧くようになりました。

伝え方コミュニケーション検定講座の初級を受けて感じたメリット

今回の伝え方コミュニケーション検定の初級を受け、自分のコミュニケーションの改善になると感じましたが、その他のメリットもご紹介します。

  • 対面式のセミナーが苦手でもコミュニケーションセミナーを受けられる
  • 違うタイプの相手に対して苦手意識が減る
  • コミュニケーションスキルの資格になる
  • 様々な場面で応用可能
  • Web動画でいつでも、好きな場所で学ぶことができる
  • 試験の受験も24時間いつでも可能
  • 成り立ち、実績がしっかりしていて信頼できる

対面式のセミナーが苦手でもコミュニケーションセミナーを受けられる

私はコミュニケーションスキルを学ぶために、話し方教室に通ったことがありますが、そもそもコミュニケーションが苦手なので、実際の人前で話す練習をさせられるのがとても苦痛でした・・・

オンラインでも顔を出して知らない人に挨拶したり、すぐに打ち解けるタイプではありません・・・

しかし、この講座は視聴するだけなので人見知りの方でも安心してコミュニケーションスキルを学ぶことができます!

違うタイプの相手に対して苦手意識が減る

自分と相手の性格の違いを知る事で、自分の受け取り方も自覚でき、違うタイプの相手に対しても苦手意識が減ります

そして、どのように声をかけるといいのかが分かるようになります。

コミュニケーションスキルの資格になる

伝え方コミュニケーション検定の資格取得

この伝え方コミュニケーション検定を受けた後は試験があり、それに合格すると『一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会認定 伝え方コミュニケーション検定初級』の資格として履歴書に書けます。

そして、就職・転職時の面接でもアピールになります。

資格を取得することで自信の一つにもなり、コミュニケーションスキルを学んだという客観的な判断材料として信頼も得やすいですよね。

様々な場面で応用可能

このコミュニケーションスキルは家庭内だけでなく、職場や社会の中など人間関係が必要な様々な場面で活用できます。

また、違うタイプの人がいると知ることで、他人の何気ない言葉に対してむやみに腹が立ったり落ち込むことが減ります

Web動画でいつでも、好きな場所で学ぶことができる

ネット環境があれば自分の好きな時間や場所でできます。

初級の動画は140分で、1日でセミナー受講、受験までも可能です。

試験の受験も24時間いつでも可能

オンライン上で受講後に試験を受ける事ができるため、すぐに初級合格が可能です。

簡単だったので私もすぐに合格できました!(合格率90%)

合格証書は別に発行してもらえます。

成り立ち・実績がしっかりしていて信頼できる

ご紹介したように、文部科学省でも採用され、様々な職場でもコミュニケーションスキルの向上に活用されています。

詳しく知りたい方は案内をご覧下さい。

知って得する、知らないと損をする!すぐに役立つ相手に合った「伝え方」のコツ!

伝え方コミュニケーション検定講座の初級を受けて感じたデメリット

メリットとは逆に、少し不自由さ、デメリットを感じた部分です。

値段が高い

資格試験も付いているので多少高額(初級費用:13,200円)なのはしょうがないかと思います。

履歴書に資格として書けるので、資格欄を追加したい方にはコミュニケーションスキルもアップして一石二鳥ですよね。

試験までは受けたくない・・・、試しにどんなタイプがあるのか知りたい、という方には書籍もあるので、まずは本から学ぶことも可能です!

オンライン受講できる環境が必要

オンライン受講のためネット環境が必要です。

パソコンを使う事が苦手な方には少し難しく感じるかもしれませんが、登録や動画視聴など操作は簡単です。

対面式が好きな方には物足りない

やはり実際に人と会って話をする方が好き!という方には物足りないかもしれません。

ただ、講師の話を聞くだけでなく、動画では受講生もいて、その方達の話も聞けるので一緒にセミナーを受けている感覚になります。

動画視聴に集中できない場合もある

人が実際にいる方が集中できる、オンライン授業では集中力が切れる、という場合もあるかもしれません。

その場合は、動画なので一時停止で休憩をしながら、自分の集中して学べるタイミングで受講していきましょう!

動画は5つに分かれているので、自分のペースで、繰り返し学べます

伝え方コミュニケーション検定受講が向いている方

メリットやデメリットを踏まえて、伝え方コミュニケーション検定初級講座の受講をおすすめしたい方です。

家庭内の人間関係を円滑にしたい方

 夫婦だけでなく、親子関係、(特に子育てでは子供の自己肯定感をアップさせる方法がわかる)にも活用できます。

職場の人間関係を円滑にしたい方

 仕事の場などで自信を持って発言していきたい、部下を上手くまとめたい時などの伝え方に使えます。

コミュニケーションスキルとして仕事に活かしたい方

 就職、転職に資格を活かすことができます。さらに上級を受けると、伝え方コンサルタントや伝え方インストラクターとしても活動できます。

営業や接客での対応力をアップさせたい方

 苦手なお客様を減らすことで、収益にも繋がる可能性があります。接客に自信が持てるようになります。

コミュニケーション能力をアップさせたい方

 違うタイプの人にも自分の気持ちが伝わるため、今よりももっと人を惹きつけるコミュニケーションスキルを身に着けられます。

伝え方コミュニケーション検定講座の初級を受けた感想・メリット・デメリットのまとめ

コミュニケーションが苦手、と感じている場合、相手とのコミュニケーションギャップについて気づかぬまま会話をしている場合があります。

自分が誉め言葉として使っている言葉も、相手には全く響いていないことも・・・そんな受け止め方の違う相手に、どうすれば伝わるのか?

伝え方コミュニケーション検定の初級では、まず2つのタイプを知り、それぞれのタイプの特徴や伝え方が学べます。

円滑なコミュニケーションスキルだけでなく、今後も資格として、ビジネスとしても活用できる伝え方コミュニケーション検定、興味のある方は受けてみて下さいね。

伝え方コミュニケーション検定講座の初級を見てみる

初級検定を見てみる

もっとお得に!伝え方コミュニケーション検定講座の初級・中級セット

関連記事:初級中級セットの内容、中級の講座が役に立つ人など紹介しています⇒伝え方コミュニケーション検定の初級中級セットの内容は?人を育てる人に役に立つ!

(⇧伝え方コミュニケーション検定講座の初級中級セットを見る)

初級・中級セットを見てみる

コミュニケーションの関連記事の紹介

新しい環境で友達を作る時の声のかけ方に困りませんか?特に人見知りをする人は友達作りの参考にしてくださいね。
⇒友達の作り方や声のかけ方は?人見知りでも友達ができるコツとは?

error: このコンテンツのコピーは禁止されています